CORD/CODE CHAIR

ショップデザインを担当し、2018年にオープンした「THE GINZA COSMETICS GINZA」のギャラリーにて開催された展覧会「CORD/CODE」。 店舗の空間デザインを模型等を通じて…

ショップデザインを担当し、2018年にオープンした「THE GINZA COSMETICS GINZA」のギャラリーにて開催された展覧会「CORD/CODE」。
店舗の空間デザインを模型等を通じてご紹介するとともに「CORD/CODE」と題した新作インスタレーションとチェアをデザインした。タイトルの「CORD/CODE」は、 線(CORD)で規則(CORD)を生み出すことを意味し、ザ・ギンザのもつ「シンプルさ」と「安らぐ心地」を空間的に表現することを目指した。
「CORD/CODE CHAIR」
コの字に組まれた25mm厚のアクリルの間に124本のステンレスワイヤーを水平に張り、座面や背もたれを構成している。重なり合うワイヤーによってできた曲面は体のかたちに寄り添い、座った人を柔らかく包み込む。透明なアクリルをベースとすることにより、座った人が浮遊しているような軽やかさを感じるチェアとなっている。ワイヤー(CORD)に規則(CODE)を与え、直線が生む緊張感と曲面の柔らかさが共存するデザインとした。

The chair made of acrylic and stainless-steel wire The six curved surfaces created by horizontally stretched wires across U-shaped acrylic compose the seat and backrest of the chair. The curved surfaces created by a total of 124 wires are arranged to curve against the body, softly wrapping the…

The chair made of acrylic and stainless-steel wire
The six curved surfaces created by horizontally stretched wires across U-shaped acrylic compose the seat and backrest of the chair. The curved surfaces created by a total of 124 wires are arranged to curve against the body, softly wrapping the person sitting. A CODE is given to the CORDs to create a design where the tension of the straight line and soft curve coexist. In addition, the overlapping curved wires are visible from the side and back of the chair with a clear acrylic base, giving it a sense of lightness as if the person sitting is floating.

テキストを読むMORE

PHOTO
Masayuki Hayashi(1-8)
PHOTO
Takumi Ota(9,10,11)